ふくろうカフェ探訪記③~高田馬場編
皆様こんにちは、
オトナのほうの永井です。

昴Page2公演『ふくろう』。
おかげさまで前評判は上々音符

4/22(土)、23(日)のチケットは、増席した分も含めて既に完売
平日も、徐々にお席が少なくなりつつあります。

新年度もスタートし、何かとお忙しい時期と存じますが、
ご予定が立ち次第ぜひともお早めのご予約・お問い合わせを、
重ね重ね重ね…お願い申し上げます。


さて、稽古は快調音符

通し稽古も始まり、皆それぞれ徐々に役をつかみつつあるようです。

ただ、
個人的に苦労している点がひとつありまして…。

と申しますのも、
今回はダブルキャスト

AチームとBチーム、2つの組があり、
主役のコンビ、ユミエエミコ役を、


Aチームは服部幸子立花香織が、


Bチームは市川奈央子田渕真弓が、

それぞれ演じます。

うーん…こうして並べて見てみると、二組の母娘それぞれ…なんか似てる!?

ま、それはそうと、
A組とB組があるので、単純に通常の作品の2倍の稽古時間を要します。

それはいいのですが、

ダブルキャストとは言っても、ダブるのは主役の二人(母と娘)のみで、
他の出演者(=全員男性)はA・B共通。

したがって男性たちは、A・B二組の母娘を相手に稽古するわけですが…

台本は同じ、演出も取り立てて何かを変えたりしていない筈なのに…

ビミョ~に違ぁう!
ビッミョ~~に!


まぁ当たり前っちゃあ当たり前なんですけどね。
そもそも違っていいわけだし。

演者として、滅多にない面白い経験ではあるのです。


お客様にも、ぜひA・B両方を御覧いただきたいっ!


※ちょこっとだけストーリーがわかる宣伝動画は『コチラ』。


※また、『ツイッター』でも稽古場の小ネタを発信中。


…えっと、どこまで書きましたっけ??…

そうそう「男性俳優陣は、A・Bの2組の母娘を、日替わりで相手する」でした。

これがですねぇ~…

慣れていないせいか、普段使わない神経を使うせいなのか…
気づかない所で、なんとなぁ~く疲れが溜まるような…。


そんな時こそ『ふくろうカフェ探訪』音符

というわけで、
今日も今日とてマッチと二人、ふくろうに癒され学んでまいりましょう。。


高田馬場って、降りないんですよねぇ。大抵の用は池袋か新宿で済んでしまう。
「西武新宿線に乗り換える時しか降りた事ないっス」とマッチ。

学生時代にはよく利用しましたっけ、大学が目白にあったもので。

昼間は目白駅前の喫茶店に入り浸り、夜は馬場の居酒屋へ繰り出す…
そんな平凡な学生時代でした。

さてさて、
早稲田通りを東へ歩くこと2分、歩道に面した階段を降りるとあるのが
フクロウカフェHOHO』。

先頃訪れた池袋の2軒が、ふくろうと触れ合うことを主眼とした
アミューズメントパーク”だとすれば、

こちらは、れっきとした“カフェ”です。

壁の一面のみに張られた綺麗なガラスの向こうから、ふくろうさん達がじっとみている…

もしそれに気付きさえしなければ、こじんまりと居心地のよい“カフェ”そのもの。
アイスコーヒーも美味音符

ま、気付きますけどね。
階上に出された立て看板には、「フクロウカフェHOHO」とハッキリ書かれているし。

さらにレジの脇には、こんな子もいるし↓。

カラフトフクロウ。

この面構えで、大きさも50センチ以上。なんか…ただ者ではない感じ。

一瞬たりとも目線を外さぬその眼光も、これまで見てきたふくろうとは段違いの鋭さ…。

なのに、実は一番臆病なんですよ」と店員さん。

目線を外さないのは、警戒心が強いからなのだとか。

うーん、ふくろうは見かけによらない。


続いては、『HOHO』から目白方面へ歩くこと3分、
パクチーバル8889』へ。

こちらも、昼間はカフェ。
夜はパクチー料理などが評判のバル(スペイン語で“小料理屋さん”)
落ち着いた、くつろげる雰囲気。

我々が訪れたのは、夕方5時。

ぎりぎりカフェタイム、ということで…


出たぁ~!ふくろうカプチーノ音符

これもふくろうカフェの醍醐味。

場違いにハシャギまくる男二人連れに、
カウンター越しにチラチラこちらを窺っていたマスターが、

ふくろう、お好きなんですか?」。

…ふくろうが嫌いな人は、ふくろうカフェに来ません。
ふくろうカフェにおいての「ふくろうお好きなんですか?」は、
これすなわち「どういう理由でふくろうカフェに来たの?」です。

我々の場合は、「なんで男二人連れ?」がプラスされます。

芝居のチラシを渡しつつ事情を話すと、

なんとマスター、
今回演出の北村総一朗とは、遠いご親戚筋にあたるのだとか。

ものすごく遠縁なんで御存知ないとは思いますけど、
 いつも陰ながら応援してます。
 チラシもっと有ります?
」と。

いやぁ~、世間は狭いなぁ。。


以上、今回の学習をまとめれば、

ふくろうは見かけによらない
世間は狭い
まったりするには喫茶店にかぎる

なんか学生街の喫茶店が恋しいなぁ~。

心地よい春の陽差しを横目に、日がなコーヒー飲んで雑誌読んで、無駄に時間を過ごしたい。

久しぶりに目白の純喫茶へでも行ってみるかなぁ…

いや!!

断じてふくろうカフェしか行くまいぞ!

“ふくろう”の本質を掴むその日まで。。



~次回「ふくろうカフェ探訪④怒涛の中央沿線編」につづく~
| 稽古場日記::Page公演『ふくろう』 | 21:11 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート