4年ぶり2回目

医学博士のダニエル・クラウリ―です。

またまた ひょんなことから医療訴訟に巻き込まれてしまった私。

でも、せっかくなので勝訴を狙って行きたいと思っております。
どうかみなさま、応援よろしくお願いしますね。

掴むぞ勝利、打倒ギャルビン!!


・・・


と言うわけで、念願の再演に気合入りまくりの宮島岳史です。

8月8日は出演者の一人、矢﨑和哉君の誕生日でした。

コロナ禍の前は、ホールのケーキを用意してサプライズを仕掛け、
その後は切り分けたケーキを皆でいただく……なんてことをしていましたが
今回はお一人様用ケーキを彼に手渡して、声出しナシのサイレントお祝い。

なんとも味気ない話ですが、我々のポーズから、祝意は感じていただけるかと。



矢﨑君、どうか素敵な一年を!


そして、写真をもう一枚。



衣装アシスタントとして参加してくれている、脇坂晴菜(左側)を紹介します。

『評決』は、登場人物が非常に多いお芝居です。
出演者は19名ですが、出演者の半数は複数の役を抱えておりまして、多いと一人で4役とか抱えてる人も…。

そして『評決』の舞台は1970年後半から1980年代。現代じゃありません。
彼女は今、その大量の登場人物たちの、主に「靴」を手配するために奔走してくれています。

負けるなワキザカ、
そしていつも有難う!!
| 稽古場日記::評決 | 01:43 | comments (x) | trackback (x) |
演出の原田一樹さん。

こんにちは。グルーバー医学博士/ジェレミー・カラハン書記官役の、吉澤恒多です。
今回のブログは、私と『評決』演出の原田一樹さんとのお話です。
原田さんが初めて昴で演出した作品は、ザ・サードステージ公演『クルーシブル 〜るつぼ〜』(2011年)。私の役は、台詞のない「役人」でした。当時入団4年目。稽古、そして裏方の仕事と大変でしたが、公演は無事に終了しました。
その2年後、原田さんから連絡をいただき、原田さん主宰の劇団キンダースペースに客演として出演することになります。お世話になった演出家から出演オファーの依頼をいただき、台詞のない役でしたが一生懸命演じて本当によかった…
と、喜んでキンダースペースの稽古に打ち込んでいたある日。
原田さんから思いがけない一言が。

「え?吉澤、『クルーシブル』に出てたっけ?」

…実は、サードステージ公演から数ヶ月後。先輩の関時男さんがキンダースペースに出演することになり、観に行った際に原田さんにご挨拶しました。その挨拶時の、私の「背の高さ」と雰囲気が考えていた役のイメージと合致して、キャスティングしていただけたとのこと。『クルーシブル』での演技での評価と思って喜んでいたのは、どうやら私の勘違いだったようで……。
ですが、その後も劇団キンダースペース公演に度々お声掛けいただくことになり、そして『評決』にも出演することになるのですから、出会いというものは本当にどこで何があるか分からないものですね。※「忘れていたのは冗談」と原田さん本人は後から言っています。

そして、『評決』は再演が決定しました!演出や構成が変わり、また新たな『評決』となります。キャストも一部変わり、俳優から生まれる化学反応がとても新鮮で、充実した稽古が続いています。どうぞお楽しみにお待ち下さい!



右から原田さん、吉澤、そして稽古場お手伝いの準劇団員・加藤保奈美。かつて劇団キンダースペースのワークユニット(研修所)に在籍していたことがある原田門下生なのです。
| 稽古場日記::評決 | 10:25 | comments (x) | trackback (x) |
『チーム諏訪 いや、茅野?』

ティッピーとその他諸々やります、矢﨑和哉です!

タイトルが前回に似てますのは、前回の記事で立花からご紹介ありましたように、旅公演の行き先のひとつであります、長野県諏訪市の出身であるため流れに乗ってみました。笑

それにしても、ここまで信州人が揃う芝居は今後あるのか!もしや、山の神に呼ばれたのではないかと思うほどです。

山の神とは諏訪地方の行事で有名かと思われますが御柱祭ので歌われる木遣り(きやり)という唄のなかに出てきます。

さてさて、お芝居をしに出身地へ帰るのは初めてなので、いざ地元に戻るとどんな気持ちでその地を踏むのか楽しみです。
これまた不思議なことで牛山さんとは高校が一緒で、茅野高等学校の出身です。



牛山さんは1973年卒
矢﨑は2009年卒

約40年の時を経ての後輩なので、地元の話をしても色んなことが違うので面白いです。まずは高校の所在地が違うとかとか…


おっと、地元の話をしてたらいくらでも書けますね。そろそろ芝居の話をしないと、誰かから怒られるのかもしれないので、この辺でシフトチェンジ!(笑)

今回の『評決』は再演ではありますが初演時と一部キャストが変わりました!
なので、2018年のときに感じるものとはまた違う雰囲気の稽古場がとても面白いです。
さらに、セットも再演バージョンで作り直しています。一度見た方はまた違う見え方がするのかなと思います。

でも、キャストやセットが変わっても、作品と私たちが目指すものは変わりません。

裁判を題材にしてるだけあり、難しいセリフが四方八方から飛び交う飛び交う。
でも、その言葉を使いこなし自分の言葉として発してる先輩たちを見て、改めてこの役の人たちは「己の信念、正義」を貫いてるなと聞いてて感じます。

今回が初めての方は結末がどうなるかは観てのお楽しみ!2回目以上の方は様相が一新された刺激をお楽しみください。
この法廷で行われる言葉・話術の戦いを是非とも劇場で体感してほしいです!

| 稽古場日記::評決 | 10:59 | comments (x) | trackback (x) |
劇団昴 チーム長野
せーの!♪ 信濃の国は〜 十州に〜♪
稽古場で「信濃の国」を歌う声が揃いました!!

こんにちは。「評決」でペギー・トミー役 他を初演に引続き演じます、立花香織です

冒頭の「信濃の国」とは、長野県民なら皆が歌えると言われていますが、ここ劇団昴でもそれは例外ではありません。

なんと、この座組には長野県民が4人もいるのです!



牛山茂[スウィーニー判事役]…諏訪市出身
宮島岳史[クラウリー医学博士役]…長野市出身
矢﨑和哉[ティッピー役、他」…諏訪市出身
立花香織[ペギー役、他」…木曽町出身
(敬称略)

今回は東京公演の後、神奈川・長野県での巡演を予定しております。
信州・信濃の国へ役者として行ける事、大変嬉しく思っております!!
長野県の皆様、待ってて下さいね〜♪
| 稽古場日記::評決 | 00:42 | comments (x) | trackback (x) |
「3人と共に」

本日のブログ担当は桑原良太です。

今回の作品では3役を演じさせていただきます!
1人目は、「損保会社担当官のアリート」
2人目は、「若手弁護士のハリントン」
3人目は、「廷吏のラウリーセン」です。

3人といる日々はとても楽しく、台本と向き合いながら色々と想像しています。
その瞬間が自分にとってはかけがえのない時間となっています。

4年前の初演の時から、世界ではたくさんの変化が起こりました。自分自身にも良いことやあまり良くないことたくさんの変化がありました。
その中で感じたたくさんの経験をこの作品で活かすことができたらと思います。

ぜひ夏の思い出のひとつとして、俳優座劇場にお越しくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします!!

現在の僕の相棒達↓
これは変更になる可能性もあります(笑)


| 稽古場日記::評決 | 02:59 | comments (x) | trackback (x) |
立ち稽古

フリードマン役 近藤瑞希です。

本日から立ち稽古がスタートします。僕はこの立ち稽古の初日が、いつもとてもドキドキするのです。

立ち稽古に伴い小道具を準備していたのですが…
あれれ、こんなにあったっけ?そう思う量でした。その一部を……



さすが弁護士が主軸の舞台!
書類や本が山の様に!
あ、これはまだ一部です…笑

小道具は役者を助けてくれます。たかが小道具、されど小道具。

これから皆で稽古をしながら新たな『評決』を作ります。どうぞご期待ください!
| 稽古場日記::評決 | 02:36 | comments (x) | trackback (x) |
4年振り

こんにちは!
司祭,他役の笹井達規です。
「評決」は2018年が初演で、4年ぶりの再演になります!
4年前とは!遥か彼方、昔のように感じます。
思えば色々と世界が変わってしまいましたね。
こんなパンデミックは無くて、稽古後は皆でよく呑みに行きました。

(あぁ…また皆でワイワイ飲みたいなぁ。)

今は打ち上げも無いし…寂しいですが仕方ないですね…

世界が変われば、それに適応するのが生き物です。
稽古頑張っていきましょう!

新しいキャストも入り、演出もますますパワーアップ!
この4年ぶりの「評決」が、客席の皆様にどう化学反応を起こすのか!?
乞うご期待!!
| 稽古場日記::評決 | 00:24 | comments (x) | trackback (x) |
『評決 再始動』

本日より、『評決 The Verdict』の稽古が始まりました!

2018年に本邦初演の作品が新キャストを迎え、新演出で再始動しました。

8月31日〜9月4日が東京公演。その後、神奈川県、長野県の演劇鑑賞会・市民劇場への巡演に参ります。

まずは無事に本番が迎えられるように祈りつつ、皆様にお届けできる日まで、万全の対策をして一同、稽古に臨んでいきます。

劇場でお会いできる日を楽しみにしております!



矢﨑
| 稽古場日記::評決 | 21:40 | comments (x) | trackback (x) |
またいつか


『評決~The Verdict』、千秋楽を迎えることが出来ました!

無事に終えることが出来て、本当にホッとしています。
何せ、舞台稽古を含めると、昼と夜を9ステージ連続でやったのですから。

喉がもって良かったぁ…。

千秋楽の翌日の朝、自宅で目を覚まして、布団の中で、「昨日で間違いなく終わったんだよな。打ち上げでアイリッシュウイスキー飲んだよな。もう喉の心配もしなくていいんだよな」と確認し、解放感に包まれて、また眠りにつきました。
そして昼前に起きて、遅い朝食を食べながら、「もう『ああ、神じゃない』『俺には親父が多いな』も言えないんだな」と思うと、今度は寂しくなりました。

いつか再演をやりたい!

連日、大勢のお客様にご来場頂きました。
カーテンコールで温かい拍手を頂きました。
本当に感謝の気持ちで一杯です。

「評決」公演ブログは今回をもって終了いたします。
ご愛読、有り難うございました。


ちょっと早いですが、皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい!


     ギャルビン宮本





↓※おまけ
続き▽
| 稽古場日記::評決 | 23:59 | comments (x) | trackback (x) |
最終話 弁護士コンキャノン&判事スウィーニー
ギャルビン宮本です。



長らくご愛読いただいただきました
駆け出し弁護士修行企画『出演者に尋問!』も、今回が最終回。



ラストは、法廷シーンを取り仕切るこのお二人を召喚しましょう。

エドワード・コンキャノン弁護士役の山口嘉三さんと、
エルドリッジ・スウィーニー判事役の関時男さん、出廷してください。


(※左から山口、関)

ギャルビン宮本
「お二人共に、演出の原田さんとは初めてじゃないですよね。
嘉三さんは、2014~17年の昴公演『ラインの監視』で。関さんは、昴ザ・サード・ステージ『クルーシブル(2011年)』の他にも、原田さんが主宰をされている劇団キンダースペースに客演されたりと。」

コンキャノン山口
「『ライン』が好評を得たのは、原田さんの力量に負うところが大きいよ。原田さんには、どことなく“昴の系譜”を感じるんだよね。古今東西問わず、古い作品でも良いモノは良いんだ!という信念があるような。
今後も何度でも一緒にやりたいよ、キンダースペースさんから引き抜いちゃいたいくらい(笑)」

スウィーニー関
「原田さんの何が素晴らしいかといえば、バイタリティーとパッション。これまで“頭のいい”演出家や映像監督には数多く出会ってきて、彼らが描く“絵”の素晴らしさには感服したけれど…原田さんの演出は、その“絵”の枠の中に、役者と一緒に入ってきて、一緒になって作ってくれる感じなんだよね。最高の演出家だよ♪」

ギャルビン宮本
「今回 原田さんには、演出だけでなく“構成”もお願いしていますね。」

スウィーニー関
「原作小説・映画・戯曲、それぞれの良い所を切り出して、実に上手くまとめてあげて…。スピーディーだけど分かりやすい構成になっていると思う。
…とは言っても、もともと分厚い本だから、やっぱり場面も登場人物も、多いよね~。」

コンキャノン山口
「そんな中、全ての場面の全ての人物に繋がっているのは、ギャルビンただ一人。中心に居る彼の行動力が、周りを動かす話だよね。つまりは、ギャルビン=俳優・宮本充の力量に負うところがとても大きい。
ミッちゃん(※充さんのこと)は背格好は美しいし、ノーブルな魅力があって舞台で映える俳優だよ。ロングで魅せる力がある。ただ お客様は、登場人物の内面をうかがい知りたいと感じれば、いつの間にか自分で調整して“アップ”で観るんだよ。主役を演じるミッちゃんのことは特に、超どアップで(笑) そこが勝負だよね。
だからこそミッちゃんだけには、時に厳しい叱咤激励もしてるつもりなんだ。“今しかない!”と思ったタイミングで、一先輩としてね。昴の中でもそろそろベテランの仲間入りをする俳優に、半端な気持ちでアドバイスは出来ないからさ。」

スウィーニー関
「僕は、それは嘉三さんに任せて(笑) 若手の演技には、気づいたことがあったら、ちょこっとアドバイスしてるかな。あとは、何より稽古場を元気に明るく♪重いテーマをかかえた芝居だから、なおさらね。
ミッちゃんにはもう、主役として縦横無尽に駆け回って欲しい。それだけ! もちろん支える側としても全力で努めるよ。」

ギャルビン宮本
「お二人の心からのアドバイスやお心遣い、本当に感謝しています。今後もどうぞご指導のほどを。」

コンキャノン山口
「いやいや全然、どういたしまして…だけど、今後のご指導は無いよ
だってもう初日だし、法廷に入れは敵同士だから(笑)」

スウィーニー関
「いよいよだね。『法廷劇の金字塔』だなんて言われちゃってるから、お客様は期待なさるだろうねぇ。ただ実際は、法廷以外にもいい場面がたくさんあって、バランスの取れた作品だと思うんだけど。」

ギャルビン宮本
「そうですねよぇ、確かに法廷劇ではあるけれど、それだけじゃない…。」

コンキャノン山口
「そうなんだよね。だから法廷場面では、お客様の目前で展開されるやり取りや言葉の、“裏”や“過去”を見せられたら、と思うんだ。 さっきの“ロングとアップ”の話とは逆に、すぐ目の前で論じられていることを基に、お客様が その背景や、広がりや深さを感じられたら…。」

スウィーニー関
「それぞれの人物の事情が、集まっているのが法廷ということかしら。僕は“判事”という立場から、それをどう見て裁くのか…“年の功”をお見せ出来れば、と(笑)
ただ、その法廷で裁く側もまた人間だから、完全ではなかったりしてね。法廷の内も外も、みんな実に人間くさい。そんな所も、お客様にお楽しみ頂けたら嬉しいなあ。」

ギャルビン宮本
「そうですよねぇ~。一体どんなふうに、お客様は観てくださるんでしょう。お客様の反応が、今から楽しみなような、怖いような…。
ともあれ、原告・被告・判事…立場は違えど、心は一つ。我ら法廷チームとしても、もちろん劇団昴としても、お客様のご期待に応えるよう、全力で頑張っていきましょう!

山口・関
「もちろん!異議なし!!



~~~~~



よーし!
最終回にして我ながら完璧な仕切り♪♪

“駆け出し弁護士”の看板をはずし、一流弁護士として活躍する時ぞ今。
明日からいよいよ、弁護士ギャルビンが、本舞台へ出廷です。

果たして多くのお客様に、
お楽しみいただける作品となるか否か……


お客様の“評決”やいかに!?



劇団昴公演
 『評決~The Verdict』、

   開 廷 で す !

| 稽古場日記::評決 | 10:37 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   08 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート