ふくろうカフェ探訪記②~東池袋編
皆様こんにちは、
オトナのほうの永井”こと永井誠です。


朗読の会 イノック・アーデン』は盛況のうちに無事閉幕した模様。

本番は“全回ほぼ満席”との事で、
身内の我々は稽古場にて大詰めのリハーサルを観劇したわけですが、

物語そのもの魅力もさることながら、それをさらに引き立てていたのが美しいピアノの音色音符

声と楽器というシンプルなコラボレーションが、場面ごとに様々な情景を映し出し…

朗読ならではの、深い味わいに溢れた作品に仕上がっていました。

本番当日の会場『明日館』の瀟洒な雰囲気は、この作品には格好のロケーション。
作品の世界観を、よりお楽しみ頂けたのではないでしょうか?

ご来場いただいた皆々様、誠にありがとうございました。
『イノック・ガーデン』チームの皆さん、お疲れ様でした!!


さて、こちらは『ふくろう』チーム。

4月17日の初日に向け、ただいま絶賛稽古中です音符

早くもチケットは、土日は完売間近。   ※前回から座席数が少し増えました(編注)
平日のお席も徐々に無くなって参りました

何とぞお早めのご予約を、重ねてお願い申し上げます!!


稽古のほうは至って順調です。

なればこそ、
こうして「ふくろうカフェ探訪」にウツツをぬかしていられる…のではなく、

稽古に活かすべく、ふくろうの学習に勤しんでいるのでございます。


ではひとつ、学習の成果として、
ふくろうに関する最も基本的な知識をお教えいたしましょう。


↑こちら“ふくろう”。


↑耳があるこちらは“ミミズク”。

で“木の葉のように小さいミミズク”という意味の
↓こちら“コノハズク”。


上記3種を総称した場合も、これまた“ふくろう”。

つまり、

ミミズクとコノハズクは、ふくろうの内の一種。
ふくろうは、ミミズクやコノハズクの一種ではない。


また、
ミミズクの中にも耳の無い種類がいたり、
コノハズクといってもオオコノハズクはミミズクより大きかったり…


なにかとややこしいので…

ふくろうっぽい鳥を見かけたら、

体の大小や、耳の有る無しに関わらず、とりあえず

「あ、ふくろうだ」

と言っておけば間違いはありません。

知ったかぶりは恥のもと。


余談ですが、
どなたか“アザラシ”と“アシカ”と“オットセイ”の区別をご存知のかた、
解説してくださいませんでしょうか。
ついでに“トド”と“セイウチ”の違いも。



さて、カフェ探訪。

前回ご紹介の池袋西口『あうるぱーく』に続いて、

今回は東口、昴の事務所からも程近い明治通り沿い、
いけふくろうカフェ』へ。


遊んでいるわけではありません。勉強です。


ひと通り観察し、

ふと気付けば、
こちらのお店のふくろう達の名札には、「INP」という書き込みがチラホラ。

INP?…インプ…
 …あ、ひょっとして…インプリンティングですか!?


よくご存知で」と店員さん。


インプリンティング(=刷り込み)とは、
卵生生物が孵化して最初に目にしたものを親だと思い込む習性 のこと。

『映画ドラえもん~のび太の恐竜』で、
恐竜のピー助が、卵からかえしてくれたのび太を親だと信じ込んでしまうアレです。


人の手でかえされたふくろうたちは、
 自分のことも人間だと思っているんですよ。



…なるほどねぇ…
子供は、生まれて初めて見た者を親と信じ込む』と。

なんとなく…けなげ。



話は変わって、

先週から稽古場には、この春、昴の研究生となった一年生たちが。


左から古谷みちるさん、高山優介くん、遠藤鮎喜くん。

勉強を兼ねて、スタッフ作業を手伝ってくれています。


生まれて初めて見たモノを、子供は信じ込む』か…。

…新人諸君にとっては、この『ふくろう』の稽古場が、
君たちが“実際目にした最初の昴の稽古”ということになるんだなあ…


なんか責任重大。


『親』ではないけれど、先に生まれた『先輩』なわけで…。

僕など何も教えてあげられないけれど、

目の前で先輩たちが、
『大々先輩』に食らいついて芝居を学んでいる様は、

どうかいつまでも、目に焼き付けておいて欲しいなぁ。。


~次回「ふくろうカフェ探訪③高田馬場編」につづく~
| 稽古場日記::Page公演『ふくろう』 | 00:46 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート