あなたさまへ
「啓太」の元妻、「美江」でございます。市川奈央子です。

昭和生まれの私は、今のようにスマホも携帯もなく、友達とはジーコロジーコロと回す黒電話でやり取りをしている時代に育っております。
そんな中で育ってきたので、手紙の思い出もまぁまぁあります。
遠くの友達との手紙、喧嘩してしまった友達への謝罪の手紙、お世話になった方への手紙…。あ、全く知らない人と文通もしたこともありました!わー…懐かしい…。
もちろん頂いた手紙も沢山。
こう思い出すと、一つ一つが今の私を作っているんだなぁとしみじみしたりします。

今回ブログでの「手紙」に関するエピソードですが、せっかくなので、ここで皆さまへ手書とはいきませんが、久しぶりに手紙を書こうと思います…。
(ちょっと恥ずかしいですが…。)


     
桃の節句も近づき、いよいよ春ですね。お元気でお過ごしでいらっしゃいますか?

私は相変わらず、舞台の稽古に取り組んでおります。
人生一度きり、やらなかった後悔をするくらいなら、やって後悔しようと決め、8年勤めた会社を退職。劇団昴に入団して、もう20年になりました。
舞台を続ける事は、とにかく忍耐の一言ですが、この道を選んだ事を後悔したことは一度もありません。

ある時、舞台終演後に観劇してくださった『あなたさま』が私に声をかけて下さいました。
まさかそんなことがあるとは思っていなかった私は、お礼を言うのが精一杯でした。
そして、また、次の舞台でも別の『あなたさま』も声をかけて下さいました。時が経ち、舞台に上がる機会も増え、沢山の『あなたさま』方から励ましや、ご意見を私に伝えて下さいました。

役に対してなかなか理解が出来なくて苦しんだり、納得出来ない事もありました。自分に自信を持てない私に、沢山の『あなたさま』方から頂いた言葉が私の力と勇気となっています。
今ここにいるのは、『あなたさま』方が育てて下さった私です。
こんな幸せはなかなか味わうことが出来ない事です。


まだ未熟者で、悩んだりすることもあると思います。それも、そんな自分も私の一部です。どうか、これからも私の役者人生を厳しく、暖かく見届けてやってください。

御恩返しは舞台で致します。

皆様が良き春をお迎えになられますよう、お祈りいたします。

 2022年3月2日
  市川奈央子




いつも明るくお稽古場を温かくしてくださる市川さん(*'▽'*)
抜きのお稽古で国防婦人会のシーンをやる時も、残って見守ってくださいます。
いつもありがとうございます!!!by上林・夏目



次回の投稿予定は3/4です!
お楽しみに〜★

| 稽古場日記::一枚のハガキ | 23:42 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   12 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート