手紙の思い出
こんにちは、一枚のハガキの下士官1役の田徳真尚です。
手紙についてのエピソードを思い出すとすると、ラブレターか、決闘の督促状か、友人の結婚式での花嫁の手紙ぐらいですね。


はじめてラブレターをもらったのは、彼女がほしくてしょうがなかった中学生の頃です。
授業が終わり、バッグを取りに教室の個人ロッカーに行きますと、花柄の封筒が入っておりまして、ドキドキしながら開いてみると
「私は田徳先輩を常にみています。気になります。
焼却炉の前まで来て下さい。待ってます!A.H」と赤ペンで書いてありました。
ついに、我が世の春が来た!と喜び勇んで校舎裏の焼却炉に向かうと、一人の女学生の後ろ姿がっ!
記憶が、曖昧ですが、舞い上がっていた私は、確か「友達からお願いします!」と言い、手を出したと思います。

すると笑いながら振り向いたのは、なんと女装した友人。
手に持ったクロッキー帳には、大きく
「HのイニシャルにOをつけて!」と書かれていました。
周りの植木から友人二人が爆笑しながら出てきたと思います。
しばらく現実を直視できず、放心していたと思いますが、
ここらも記憶が曖昧でしたので、地元の友人に確認した所、
恥ずかしさで怒り狂った私は、女装した友人と植木から出てきた友人達を一人残らず捕まえて、焼却炉近くにあった鯉のいる池に叩きこんだそうです。
その後、その友人たちが私にジュースと菓子をおごったことで機嫌が治ったそうですが、ここら辺もよくは覚えてないですね。
中学の同窓会では、今でもネタになっているそうです。


一枚のラブレターに翻弄された私ですが、この舞台は一枚のハガキがきっかけとなり、物語が進んでいきます。
演出家の求める景色に少しでも近づける様、役者一丸となって稽古に邁進しております。
ぜひご来場ください。





右から)服部幸子さん、田徳真尚さん、笹井達規さん

この日は、お稽古中に撮影した動きを確認されておりました!
お稽古後は各々自主練をしているのですが…
こちらのチームにも田徳さん!
あちらのチームにも田徳さん!
それが終わったと思ったら今度は太鼓隊に田徳さん…!?!?
色々なシーンで動きをつけてくださる大活躍な田徳さんです・:*+.\(( °ω° ))/.:+ by上林•夏目



次回の投稿予定は2/28です!
宜しくお願いいたします〜!
| 稽古場日記::一枚のハガキ | 16:53 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   12 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート