吉澤:こんにちは。

『改訂版 無頼の女房』芝山先生役の吉澤恒多です。

今回は吉澤から、小説家の谷雄一先生役の岡田吉弘さんへのインタビューです!


岡田吉弘


吉澤:まず、今回の『改訂版 無頼の女房』の稽古はいかがですか?


岡田:今回は長い期間、稽古をしっかりやったよね。

そこで各自が(いい意味で)土壇場まで追い込まれて。

僕を含めて、みんなすごくいい勉強になっていると思います。


吉澤:岡田さんは去年の(北村総一朗初演出作品)『ふくろう』に続いての出演ですね。


岡田:前回は割と自由にやらせて頂いたと思います。

でも今回は「谷雄一」という役の枠の中で、岡田がどう演じるのかを求められているのかなと。

課題も多いけどクリアして、演出に合った形でやりたいですね。


吉澤:(北村)総一朗さんの演出も2度目になりますね。


岡田:役のことをご自分で体現しているし、そして役者のことも分かっている。

だから、ダメ出しを聞いていると、

僕は総一朗さんが谷を演じればいいのにって思うんだよね(笑)。


吉澤:分かります!

僕もダメ出しの時に、総一朗さんが芝山先生だと思ってしまいます(笑)。

それでは、最後に今公演への意気込みをお願い致します。


岡田:僕は坂口安吾(塚口圭吾のモデル)が好きで、それで今回出演したかったんだよね。

僕は無頼派に興味があって、その生き様に倣って若い頃は無茶したこともあったし。

無頼派の生き方は虚飾を剥ぎ取って、生の本当のハートだけで生きていくことなんだよね。

普段は冗談言ったり女や酒でわぁわぁ騒いでいるけど、文学について言い出すとここだけは引かないぞってところがある。

芝居の台詞にもあるけど、嘘をつかずに心だけで生きていこうとするのはなかなか大変だと思うよね。

僕もみんなといい舞台が作れように頑張ります。


吉澤:よろしくお願いします!ありがとうございました。


この芝居のペースメーカーとなって引っ張って下さる頼もしい先輩、岡田吉弘さんでした。

ついに初日の幕が開きました!

座・高円寺1でお待ちしています!


吉澤 恒多
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『改訂版 無頼の女房』 | 01:33 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   11 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート