【ぐるぐる回る】
こんにちは!
脇坂晴菜です。
本日は7月7日、七夕です。
織姫と彦星が逢瀬をしているであろう中、(私の彦星はどこー?(笑))
私たちは今日も稽古です!




稽古は毎回新鮮で楽しくて、与えられた役も凄く面白くて…だけど…ずっと悩んでます!
楽しいと苦しいは紙一重だなと、本当に実感する毎日で、自分の出来ないことを考えても答えが出ないこと、そして考え過ぎても駄目なこと…エトセトラ、エトセトラ…
実際、稽古終わりの脳内はぐるぐる回ってしょうがないです(笑)
でも、この痛みは自分の糧になるものなんだと毎日の稽古と戦っています。頑張るぞ!



さてさて、今までのブログ担当の方が答えている”電話に関するエピソード"ですが、私の場合は・・・(^^)

中学三年生か高校一年生の頃、
夜、姉と二人で部屋にいたら私の携帯に電話がかかってきました。
それは知らない番号で、無視をしたらまたかかってきたので、知り合いかも?と思って出てみました。

「もしもし?誰か分かる?」

と電話から一言。
その声が父の声に似ていたので

「お父さんでしょ!」

と答えた私。

「え、違うよ」
「何言ってるの、お父さんでしょ?」

なんて問答をずっと繰り返し、埒が明かないので姉にかわってもらい話をしてもらうことにしました。
そしたら…

「これ、お父さんじゃないじゃん!」

と姉。
私は急いで電話を切りました。
あの後、同じ番号から電話がかかってくることはなかったのですが、あれは誰だったんだろう…?何故向こうも間違いだと気付かなかったんだろう…?
我ながら変な体験したなぁと思いました。そういうこともあり、相手の分からない電話は今も苦手です。


電話の話はここら辺までにして…




実は本日の稽古で、本番まであと9日です!一桁です!!
あっという間に時間は過ぎていきますが、ご来場してくださる皆様が楽しめるよう精一杯頑張って稽古しています。
そんな私たちを、萬劇場にぜひ観にきてくださいハート

劇場で皆様にお会い出来ることを楽しみにしていますハートlove


脇坂晴菜

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 17:11 | comments (x) | trackback (x) |
「稽古休みと雨休み」


本日の担当は準劇団員の桑原 良太です。



こんな写真ですみませんハート劇場で皆さんに会えるのを楽しみに(笑)

それと

本日は稽古休みでした。

雨も夜には降り疲れたのか、お休みになってました。
その時に素敵だったのでおもわず撮った、紫陽花の写真です。



………………………………

さて、本番に向けてあと10日となりました!!

カウントダウン開始です!!



あ 上の写真は「ホテル・スイート」に出演したベッドの女こと舘田悠悠です(笑)


| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 15:44 | comments (x) | trackback (x) |
タイトル
準劇団員、村松妙子でございます。



今回、初めてお会いする俳優座の森一さん演出ということで、どんな方なんだろう‥と色々考えていましたが、会ったその日に変な不安を吹っ飛ばされ、ワクワクしながら稽古場に行っております。

今回のこの作品は森さんが翻訳しており、内容は、原作に書かれているセリフを用いていますが、この今という時代に伝えたいメッセージが込められています。

今回は若手ばかりですが、その若手だからこそできるエネルギーで、かなり面白い作品になりそうな予感がプンプンします!

本日の稽古、というか毎回なんですが、森さんはとてもアイディアマンで、自分では全く思いつかないアイディアがポンポン出てきます。

頭の中どうなってるの?
と、覗いてみたいです。





今回は電話のお話ということで、電話にまつわるエピソードを書いて下さいと言われてから思い出したのですが、

大学生の頃、
突然知らない番号から電話がかかってきて、誰かと思って出ると、

(自称)中学3年の男の子からでした。
本人いわく、誰にも相談できないので、テキトーに番号を押してかけてみたとのこと。

本当かどうかわからないけど、とりあえず彼の相談を受けて、結局1時間以上しゃべっていました。

最後に

「だけど、もう2度とかけてこないでね。
次かけてきたらケーサツに訴えるから。」

と言うと、本当にそれから彼から電話がかかってくることはありませんでした。


いまだに謎な1時間です。

村松妙子
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:47 | comments (x) | trackback (x) |
「楽しい稽古!」


本日の稽古場では、立ち稽古二日目でした!!
演出家の森さんは、ご自身が俳優もなさっているため、時に身振り手振り、なりきって演出をしてくださいます。俳優として、盗むところもたくさんあり、自分が出ていないシーンでも目が離せません。




さて、本日の稽古場ブログは、この方です!!

……………………………………………


いつも劇団ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

本日のブログ担当は、江﨑泰介です。


今年に入ってから、ブログは数回書かせていただいていますが、今回は出演者として登場です。



今回の『ウフッハート』をやりましょう!と提案したのは、実は僕なのです。
この作品、大学生時代に出演したことがあります。
それは学生の新人公演という枠でもあったため、大変に思い入れのある作品でした。
なので、まさかこれを再演する機会があるなんて思ってもいませんでした。
さらに、この話がまさかこんなテイストの作品に変化するなんて!という驚きでいっぱいです。

僕が10ウン年前に上演したものとは全く違う作品になってますから、毎日の稽古が新鮮です!

一つ前の記事にも書いてありますが、一つ一つのシーンを本当に、本当に楽しく!やらせてもらっています。

あまりに自由にやり過ぎて、共演者のみんなに呆れられやしないか…それだけが心配です…。


さて、ここで僕の電話エピソードを簡単に。

上京して間もない頃、数週間に一度、何故か僕の携帯の留守番電話に野菜の相場の値段を残すおじさんがいました。
忘れた頃に、気がつくと録音されているんです。
それが何度か続いた後、携帯会社を変えたことでその録音メッセージを聞くこともなくなりましたが…おじさんが本当に伝えるべき相手に伝えられなかったことを思うと、なんだか申し訳ない気持ちになってしまいます。
そんな、特にオチのない電話のエピソードでした!


さて、本日のブログはこの辺りで終わりたいと思います。

近年の劇団昴ではおよそ上演されてこなかったであろう、かなり挑戦的な作品になりつつあります!
是非とも、若手のパワーを観ていただきたいです。

みなさま、大塚 萬劇場でお待ちしております。

江﨑 泰介

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:28 | comments (x) | trackback (x) |
【舞台セット、組みました!】
こんにちは!
「女子力が下がるから」と、ナグリを持ってる姿を拒んだのに、それよりも凄い格好の写真を載せられ、結果女子力が下がった、準劇団員3年目の木村香織です。
今回は【電話】が象徴的なお芝居なので、電話エピソードを1つ…



★私は陸上をやる為、高校から親元を離れました。
この頃は、携帯電話が一般に普及し初めていたころだったので、持ってない人も多い時期でした。
私は親元を離れたので携帯を持って居ましたが、両親は持っていませんでした。
なので、今の携帯通話やLINEの様に気軽に連絡が取れるわけではありませんでした。
ホームシックで泣きそうな日も、なかなか此方から気軽に連絡できず、実家から電話が来るのを待つ日々でした…
しかし、ある日母が携帯を購入したことで、いつでも連絡が取れるようになりました!
最近はそんなの当たり前になってしまいましたが、その頃の事を思い出すと、携帯電話の普及で、気軽に連絡が取れるようになり、離れていても繋がりを持てる事が出来る事の有り難さを感じます!


★さて、今日から立ち稽古!
セットを組んで、いよいよ皆さんにお見せする芝居を作っていきますよ!

今回の見所は…森一さんの演出で化学反応のように舞台で役者が、役同士がぶつかったとき、何が起きるのかを楽しんでやっている所です!!

我々も何が起こるか分かりません!(笑)
これこそが舞台の面白さなんですよね!!
皆さん、是非何が起こるか観にいらしてください!

★さぁ!明日は…クラウンを人一倍楽しんでいる先輩です!
言葉足らずな私とは打って変わって、今回の舞台の良さを存分にアピールして下さると思います!
お楽しみ♪♪
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:41 | comments (x) | trackback (x) |
『ブログ当番が来たぁ~~!!(;≧д≦)』
公演ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
久しぶりにブログの当番が回ってきて、正直何を書いたら良いのか迷っている永井将貴です。
σ(^◇^;)



普段の生活やお仕事で起こったエピソードはいつも頭の中にモヤモヤしているのに、いざwebの記事にして下さい!と言われるとなかなかまとまらないモノですねぇ。
(=ω=;)


え~っと、今回のキャストによるブログリレーとして、幾つか質問の例題がありましたので、それに則ってお答えしていこうと思います。


★見所
今回の『ウフッハート』の劇団HPはご覧いただけましたでしょうか?ポップな背景の真ん中にぽつんと電話のシルエットが一つ…
そう『電話』がこのお話のミソになっています。皆さんも『電話』よく使いますよね?便利ですよね『電話』!
遠くにいても直ぐに繋がる、相手の声をリアルタイムで近くで聞ける、そして相手の顔は直接見えない…
30分のお話なのであまり追求しないでおきましょう。楽しみが減っては勿体無いですからね。僕からはここまでにしておきます。
(*´艸`)にやり


★本日の稽古
演出の森一さんはご自身が俳優座の役者さんでもあるため、僕達と同じ目線で…いや、なんなら役者の先輩として経験則に基づいた稽古をして下さいます。
ですので毎回安心して身を任せております。
そんな森さんがまず初めに仰ったのは「とにかく自分をさらけ出して楽しんでください」「毎回目一杯遊んで下さい」という事。
稽古で台本を通して読んでも
読むたびに毎回その場で遊んでゆくのでまだまだ変わっていくと思います。
(〃艸〃)これからどんな変化を遂げるのか僕達も楽しみです。


★意気込み
この作品はとにかく30分しかありませんからね、一つひとつ、そして一言ひとことを大切に丁寧に創り上げていきたいと思っています。
濃密な30分を皆様どうぞお楽しみに!!
Σd(≧∀≦*)!

永井将貴
ps

稽古場に仮のセットを仕込みしました。



下の白いTシャツは出演者の木村香織・・・ナグリ(金槌)で釘を打ち込んでる姿がかっこいいので写真撮ろうと思ったら
女子力下がるので写さないで!!とのこと。でも載せました。
かっこいいのにlove

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:43 | comments (x) | trackback (x) |
キャスト紹介『木村雅子』
こんばんは!!今回「ウフッハートチーム」に参加させて頂きます木村雅子です!

公演ブログ、トップバッターを努めさせて頂きます!
本日は七月になり、最後の読み稽古でした!!明日から立ち稽古に入ります!すでにウズウズしていたので、明日から動き出すのが待ち遠しい!!



今回のブログの内容は、アンケート形式を作りました!

★今回への意気込み

今回は、劇団昴へ準劇団員として入団してから、初!同期が全員揃う貴重な機会を頂きました。出演者の方全員、普段からとてもお世話になっている方ばかりなので、気兼ねなく、おもいっきりぶつかって、舞台を楽しみたいと思います!!

★今回の見所

今回のお芝居の見所は、ズバリ、赤い…
乞うご期待です!!


★電話にまつわるエピソード1つ

中学生の時ですが、掛かって来た電話で、十分位お互い間違った相手だと気づかなかったことがありました(*^^*)
妹の友達のお姉さんが私の友達で、妹の友達が妹に掛けてきた電話を、私が友達と間違えてそのまま話し込み、十分位経った時にようやく気づきました(笑)しかも気付いたのは向こうでした。電話だと姉妹って声似ますよね(笑)


★明日のブログ担当の方へメッセージハート

さて、明日の担当の方ですが、今回の出演者の中では、すぐ上の先輩となります。

JOKOの修了公演の時に、役作りの上で大きなヒントを頂き、そのヒントにより、修了公演ては、役がストンと腹に落ちるのを体験しました。
今でも昴に上がれたのはこの方のダメ出しのお陰だと思っています(*^^*)

初共演となります!!さて、どなたでしょうハートlove

明日のブログをお楽しみに!!

木村雅子

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:41 | comments (x) | trackback (x) |
萬劇場ショートストーリーコレクションVol.4夏の短編集!!
「ホテル・スイート」より公演ブログをバトンタッチされました!!

『劇団昴ザ・サード・ステージIN萬劇場ショートストーリーコレクションVol.4夏の短編集
「あれ?すみません!番号、間違えました? ウフッハート」』

以下、略して「ウフッハートチーム」でございます!

(正式名称を息継ぎ無しで言えた方、拍手です(笑))

実は本公演中から少しづつ稽古を重ね、もう本番まで約二週間前っ
で・す・が
「ウフッハートチーム」の稽古場をブログでも盛り上げていきますよー!!

公演ブログも、キャストが毎日更新をしていきますので、どうぞ、お楽しみに!!

**********

さて、話は変わりまして、今回の作品「あれ?すみません!番号、間違えました?ウフッハート」は、アメリカの作家ルシール・フレッチャーにより、1943年に「Sorry, Wrong Number」というタイトルでラジオドラマとして制作されました。

ラジオドラマの後、映画化し、戯曲化し、何度もテレビドラマ化されるなど、多様なメディアに展開された作品です。

原作はその時代を反映した雰囲気漂う作品でしたが、今回演出をしてくださいます、俳優座の俳優で演出家でもある
森一さんが今回の公演のために翻訳、脚色し「あれ?すみません!番号、間違えました?ウフッハート」という作品となりました。

どのような形に作品が変貌を遂げたのか、どうぞ、お楽しみに!!

木村雅子

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 22:02 | comments (x) | trackback (x) |
緊・急・速・報!!
次回、サード公演の前売りが先週5月15日から開始しました!!


劇団昴ザ・サード・ステージ
IN
萬劇場ショートストーリーコレクションVol.4
夏の短編集

『あれ?すみません!番号、間違えました?ウフハート
作 ルシール・フレッチャー
訳・演出 森一(俳優座)

出演
宮島岳史
染谷麻衣
江﨑泰介
永井将貴
矢﨑和哉
木村香織
木村雅子
脇坂晴菜
桑原良太
舘田悠悠
広瀬和
村松妙子

会場
大塚 萬劇場



左から出演者の舘田悠悠、広瀬和、矢﨑和哉、木村雅子、桑原良太

30分の短い舞台ですが、若手中心の役者たちが駆け抜けます!!



ちなみに先日、ミーティングという名の参加団体の親睦会がありました。







他の団体の方と話すのは苦手と言いつつ、脇坂晴菜(写真;上)と江﨑泰介(写真;下)、お酒がすすんでいるようで((笑))


詳しくはホームページをご確認ください。

宜しくお願いいたします!!

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 10:35 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   10 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート