「親の顔が見たい」 岸貝編  遠藤純一
森崎次郎役の遠藤純一です。

今日はお世話になるのは、阪和演鑑協・岸貝演劇鑑賞会の皆様です。

僕にとっては初めて訪れた街、大阪府貝塚市からお届けします。

ここは、かつて東京オリンピックが開催されていた頃、東洋の魔女という異名で、
その存在を世界に知らしめた伝説のバレーボールチーム、ニチボー貝塚の本拠地がある場所なのですね。

僕は東京オリンピックの後に生まれているので、『東洋の魔女』のことは話に聞いただけですが、
当時、世界的にみて背丈の低い日本人が、世界の高い壁に対抗すべく魔法のような技術を編み出し、
磨きあげたその戦い方は、最大のライバルであるソ連の選手達だけでなく、世界中のバレーボール選手達を驚嘆させたという話です。

その後に生まれた技、AクイックもBクイックも、ひとり時間差攻撃も、すべて日本人の技術のバレーが生んだ『技』なのです。


昔、夢中になって観たアニメ『アタックNo.1』を思い出してしまいました。


ここは、大阪!

大阪と言えば寺堂院高校!(アタックNo.1に登場する主人公のライバル高校)

三位一体の攻撃です。

まず前衛の3人が同時にジャンプ!



さらに合体!!



こんな感じで千手観音のようになり、アタッカーがどこから打って来るか読めないというムチャクチャな攻撃です。


でもいいアニメでした。


イジメもあるけど、バレーボールを通して友情や絆が生まれ、やがて世界のトップを目指して仲間がひとつになるという素晴らしい作品でした。

『親の顔が見たい』に登場する今の子供達にも観て貰いたい作品です。

スポーツの素晴らしさ、友情の素晴らしさを知れば、イジメなんて無くなるだろうに…


とまぁ、今回はバレーボールの街から、知ってる方は頷いてくれるマニアックな話しになってしまいました。

失礼致しました。


遠藤 純一

| 地方公演::親の顔が見たい | 19:19 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート