組み上げる
皆様、GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
東京はこどもの日、最高気温27℃だったとか!
もう初夏を迎えたような気持ちです。
「アルジャーノンに花束を」の稽古もヒートアップしております!



Pit昴から広い稽古場に移り、「アルジャーノン」のセットを組み上げました。
Pitですと少し、「アルジャーノン」を演るにはスペースが足りないのですよ。

碁盤のようにマス目になった床、
無機質で重厚な鉄扉、
パイプで組み上げられた櫓…

どれも「アルジャーノン」の世界を象徴する、重要なピースです。

このセットが、それぞれの劇場で組み上げられ、解体され、また組上げられていきます。
芝居もこの舞台セットのように、組み上げられ、解体もし、より綿密に組み上げられていきます。




そして今回載せたかったのは、客席からでは見えない「アルジャーノン」の景色です。
どこからか分かりますか?
こちらは舞台下手袖に設置された窓から舞台中を見た景色です。
そう!芸術家のフェイの出入口!(笑)
フェイ役にとっては鉄扉よりも思い出深いのでございます。(少なくとも私は)

稽古は芝居・セット・音響・衣裳と揃って参りました!!
この後、志木に移り、「アルジャーノン」に照明が入ります…!
何度もやっておりますが、
毎度のことながら、どきどきしております!!!



望月真理子

| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 14:19 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   09 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート