稽古場での眼差し
こちらの記事は本来11月25日に投稿予定でしたが。
サーバー側のメンテナンスのため投稿できませんでしたことお詫び申しあげます。
(矢﨑)

以下本文です。



こんにちは!
今回、進行役を演じます、林佳代子です。自分が物語を引っ張って行く…とは気負わずに、相棒役の大先輩(伊藤さん、牛山さん)二人に挟まれて、穏やかに舞台に登場したいと思います。

さて、現在の稽古場…。

稽古場の稽古進行役は演出助手。そして、その他沢山のスタッフの皆さんに支えられながら稽古は進行して行きます。

その中で、ある日の二人に焦点を合わせてみました。
昴に入団して初めての裏つき、大休寺一磨くん。舞台袖の(稽古場は狭いので)窪みに飼い殺し(…恐ろしい言葉ですが、舞台の専門用語的な言葉)で、稽古中の長時間じっと耐え忍び、小道具転換などで咄嗟に必要とされるその瞬間を待っているのです。眼光鋭く。(気を抜けない!)



プロンプターの加藤保奈美さん。
役者がつっかえると、間髪を入れず台詞を飛ばします!
このところ音出しも担ってます。(気を抜けない!)




二人とも、近いうち昴の舞台で俳優としてお目にかかれるはず。若き希望の星です!

一方、ある日の演出からのダメ出し中。その場面ではない特設舞台の一角では、スクルージ役の宮本充くんが、ちょっとだけストレッチ中。(気を抜いてます!)



これは盗み撮りですが、奥にいる充くんの足元に見えているのは股引きではなく、ハードアクション?から身を守るサポーターです。ファンの皆様ががっかりしない為の補足。(by 林=同期愛)

手前にいる、精霊役の笹井達規くんは、余裕で気を抜いています!

ところで、先日は衣装合わせ。かなり沢山の衣装を役者に合わせて行くので、一日がかりでした。




シルクハットにステッキ。
なんだか、これだけで時代が感じられますね。およそ200年前の物語。どうぞお楽しみに!!劇場でお待ちいたします!!

林佳代子




| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 23:57 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   12 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート