はじめまして!!
第2回ブログは私達が担当させていただきます!
紫藤雄太と、髙橋慧です!
どうぞ宜しくお願いいたします!

それぞれ、ハガキ・手紙にまつわるエピソードについて書かせていただきました✨


【紫藤雄太のコメント】
この度『一枚のハガキ』で下士官2の役を演じさせていただきます、紫藤雄太と申します。

ハガキというものには、正直、馴染みがありません。年賀状くらいでしかお目にかかることが無く、しかも昨今は、スマホのメッセージで年賀の挨拶を済ませてしまうこともあります。

そんな僕ですが、この作品に参加して、ハガキの温かみを感じました。まだまだ漠然と、具体的になっていない感性なのですが、

ハガキは温かい。

そう感じます。

吉澤さん演じる定造と服部さん演じる友子の架け橋となる「一枚のハガキ」。そこには様々な気持ちが込められていることでしょう。
また、中西さん演じる啓太にも多大な影響を与えるその「一枚のハガキ」。

「一枚のハガキ」を通して巻き起こされる登場人物全員の機微をお見逃し無く。

是非、3月16日から3月20日、こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ(新宿駅南口)にお越しください。
心に刻まれる作品と出会いましょう。

紫藤雄太



【髙橋慧のコメント】
愛国婦人会の一人として出演させていただきます、髙橋慧です。

ハガキ・手紙にまつわるエピソードという事で、私の心に一番残っている手紙の話を。

「一枚のハガキ」の舞台、広島は私の父の故郷でした。
戦後間なく、原爆ドームの隣に建てられた仮小屋で父は生まれました。
何も無くなってしまった土地で、祖父母はお土産屋さんを営み、絵葉書を描いたり原爆ドームの写真を撮って売っていたそうです。

当時の広島の話を沢山聞かせてくれた父は一昨年、病でこの世を去りました。
生前の父が、私に残してくれた手紙には「あなたなら大丈夫」と何度も書いてありました。
それを読んでいると、本当に私は大丈夫だと思えてくるのです。
父に背中を押してもらっているような気がするのです。

人を想って書く文字には本当に力が宿るのだと思います。

戦争、病、コロナ禍。
自分の意思ではどうにもならないことが起こります。
行動が制限されたり、命の残り時間が少ないとわかったとき、自分なら、どんな行動をとれるだろう。大切な人に、なにを伝えられるだろう。

とても考えさせられる作品です。

今だからこそ「一枚のハガキ」を、観て下さる皆様の元へ無事届けられるように!
私も座組みの一員として、誠心誠意、頑張ります!

髙橋慧



次回の投稿予定は2/4です!
お楽しみにー!!
| 稽古場日記::一枚のハガキ | 19:07 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   08 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート