一座はいよいよ劇場へ
さて、気がつけばあっという間の最終稽古からの劇場入り!

『君恋し』一座の顔も出揃いました
出演者紹介ブログは楽しんで頂けましたでしょうか?

稽古場を撮影するにも大部分が仮のセットですので写真もこんな感じでしかお送りできないんですよね。


でも、今日やっと稽古場の写真が上げられます!
ではご覧下さい!



「………もぬけの殻じゃねぇか!」

す、すみません。
茶番が過ぎましたことお詫び申し上げます。

ということで、どんなセットなのか含めてもう少しお待ち下さい。
(と言いつつもツイッターの方ではチラチラ見えてますのでそちらもチェックして頂き、ついでにフォローしてもらえれば幸いです。)



さて、劇場に入りドタバタして気づけば初日を迎えるというのがいつもの流れであります。
ん…あれ?なんだろうこのデジャブ感は…まるで『君恋し』の内容にどこか似てる気が…
あ、これ以上話したら誰かに怒られる気がしますので、この辺で今日のところはお開きとさせて頂きます。




矢﨑和哉
| 稽古場日記::君恋し | 20:30 | comments (x) | trackback (x) |
神戸演劇鑑賞会
さあ、やって参りました神戸!ここ神戸演劇鑑賞会には、なんと「アルジャーノンに花束を」の舞台監督、井上卓さんのお父様がいらっしゃいました!舞台監督は、舞台の全責任を任されている仕事。仕込みやバラシ、本番中の進行等々、舞台監督の指示のもと行われます。 そんなリーダーのお父様がいらっしゃるのは、色んな意味で緊張です。(笑)
ここ神戸演劇鑑賞会では2日間目の終演後、ロビーで交流会が行われました。交流会に参加したドナー役、佐藤しのぶさんにレポートをお願いしました!では、しのぶさん、どうぞ!!
8月31日の神戸のロビー交流会には、宮本充・町屋圭祐・佐藤しのぶが参加させて頂きました。嬉しいことに沢山の会員の皆様に囲まれ、それぞれ興味深く、時には鋭いご意見や質問が飛び交い、『アルジャーノンに花束を』をいかに堪能してくださったか、手応えのある貴重な時間となりました。宮本充さんの『俳優は、役を生き人間を演じるべきだ』という俳優として肝に銘じなければならない言葉や、町屋圭祐君のチャーリー役に対するストイックさが披露され、みなさん感心しきりでした。町屋君って、芝居に入ると普段は右利きなのに、左手で箸を持って食事をするのです、右脳に良い刺激が与えられ芝居に役立つとある人から聞いて実践しているそうです。私も真似しましたが、食べた気がしませんでした、残念!この時に、会員さん手作りのアルジャーノンとミニーを頂いたので宮本さんと記念の一枚。

近畿の旅が終わっても東京近郊の旅が10月22日まで続きます、このアルジャーノンとミニーが私たちを癒してくれるでしょう。素敵な交流会をありがとうございました。
                                                 佐藤しのぶ
とても楽しそうな雰囲気が、バンバン伝わってきます!しのぶさん、ありがとうございました!
神戸演劇鑑賞会の皆さん、舞台、交流会と素敵な時間をありがとうございました!!
いや~神戸良いとこだったな~あれ?シュバールどうした?

シュバール、ミニイと対面(笑)

                                                         加藤和将

 
| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 13:46 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   10 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート